<< 可愛いひと (ドラマCD) | main | その指だけが知っている (ドラマCD) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

キディ・グレイド サウンドレイヤー (ドラマCD)

キディ・グレイド サウンドレイヤー 第1巻
キディ・グレイド サウンドレイヤー

エクレール:永田亮子、リュミエール:平野綾、
メルクルディ:水橋かおり、アームブラスト:青羽剛、エクリプス:土井美加、
トゥイードゥルディ:桑谷夏子、トゥイードゥルダム:福山潤、
アンオウ:石田彰、エイオウ:稲田徹、
アールヴ:井上喜久子、ドヴェルグ:南央美、
シザーリオ:ひ・み・つ(笑)、ヴァイオラ:徳永愛、
デクステラ:鈴置洋孝、シニストラ:飛田展男、
リッキィ:木村郁絵、ボニータ:小菅真美、
ライトニング:浅野まゆみ、トゥインクル:神田朱未、
ヴァンドルディ:能登麻美子、シュバリエ:若本規夫、
ティム:折笠愛、パドゥーシカ:島本須美、
杉本ゆう、うすいたかやす、麻生智久


めずらしく、非BLの感想です。
けっこーー前に書いたものだったりするんですが、
最近、更新してなかったので、少し書き足してアップ(爆)。
↑絵は1巻ですが、全5巻ひっくるめての感想です。

TVアニメ放映終了から…や、リアルタイムで観てなかったので
どれだけ経ったか知らないんですが、
やっとこさ、サウンドレイヤーを聴き終えました。
な、長かった…。
これは、友人に借りたのですが、彼女の思惑どおり(?)
デクシニ萌えました(笑)。
ほぼ、飛田さんの声聴きたさに聴きつづけたようなもので。
昔、キャプテン翼のライバルチーム?で萌えていたお姉様方に
オススメカプだそうですよー。
私はキャプ翼をほとんど知らないのですが、美味でした。
「キャプテン!」

まぁ、カプは置いといて。
TVアニメの方では明かされなかった色々な色々が、
こっちでフォローされてるみたいです。不親切だなぁ商売人だなぁ。
とか思いながら聴いてました(笑)。
結局、わかったよーなわからないよーなってのもありましたしね(^^;
メルクルディの件とか。
公式HPのキャラプロフ見てやっと分かったよーな。
何だヅラだったのか。
エクレールやリュミエールみたいに身体が変わったのかと思いましたYo!!
他にも私の処理速度では理解不能な部分が多々(苦笑)。

リュミエールと姉さん(ドゥルディw)の距離感が微妙かとも思いましたが、
遠くにいるときはディレイっつーの?エコーかけて
はっきり区別つくようになってて(アニメでも)、わかりやすかったです。
本来はあーゆーのはマイクワークでやるモンではないかとも思うのですが。
うむ。編集の技術、スバラシイですね。
背景の雑音とか、うまい具合で。
例えば、エクリプス局長の部屋で、ずっとファンが回ってるような音がしてたり。
声が小さい人のマイクから入った雑音を消そうと音量下げたり弄ったら、
声まで下がってしまいますよね。当たり前だけど。
なので雑音を消さないまま使うことになるので、
室内では上記のファンが回っているような音、衣擦れの音、
屋外では足音や風の音などで何とか誤魔化そう…とか(笑)。
いや、この作品がそうだという意味ではなく、そういうやり方もアリだなあ、と。

メインの女性達+メルの会話の渇いた笑いがどうもいただけませんでした。
芝居を観てて「ホンマに笑ってへんやろ?」「うそつくな」と
思わずツッこみたくなることがありますが、
まさにソレの見本みたいでしたね(^^;
笑おうとしてるのは分かりましたが聴いてて疲れました。
かわいらしさは大爆発なんですけどね〜。
あ。特にメルの声が聞き取りやすくて好きv
はじめのほうは、リッキーがやかましくてあまり好きではなかったのですが、
CDは受付嬢中心なトコが多く、いつのまにか愛着がわいていて、
最後はホロリときました。
最後の最後は、まぁベタで思惑通りってカンジでしたが、よかったです。
ESメンバー多くなりすぎな気もしますが…。
リッキー嬢のようなテンション重視の演技、私にはないモノなので、
ぜひ参考にさせてもらおうかと…!!(笑)
…と、若本のおじさま(違)の出番、
もっと早くから欲しかったと思うのは私だけではないハズ…!

皆川純子さんと堀江由衣さんがフイに出てきてびっくり。
美味でした。(そればっかやな)
石田彰さん、青年声以外はあまり好きではなかったのですが、
かなりツボりました。
無理に高い声出そうとしてるのではない方がイイですよねv(女装シーンを除くw)
クバントとのシールド内での会話は中弛みした感があったのですが、
勢いのある戦闘シーン等の演技が好きですv
ようやく、声を聴いて「あーさん(石田さんのコトらしい)だー」と
分かるようになりました。
最後までアームブラストの滑舌の悪さはなおりませんでしたね。
セリフとSEのアンバランスも失笑ものでしたが…;
(局長との会話「まさかあなたは」(SE:バン、と机を叩くよーな音)んトコとか…)

特筆すべきは、エキストラ陣。
杉本ゆうさん、ステキですv
特に、セブンスゲート研究所にいた女性。(名前忘れた
ウヒョー!です。(説明になってナイ)
その女性にシバかれる(表現微妙)、デクステラ(攻/鈴置さん)も、
とっても美味でした。(ヲイ)
そいでもって、うすいたかやすさんと、麻生智久さん。
じーさんキャラはイマイチいただけなかったけど、他の来客とか面白かった〜。
大前?さんは全部ほとんど同じだった…かな。

…残念なのは、CDでは森川さんの声が聴けなかったことかな…!(爆笑)
ホントにアニメの最終回でひとことで終わりかい!!
息演技だけでもあったら面白かったのに(笑)。
ヴァィオラの可愛さでリスナーを満足させてカバーしているという意味でも、
良きパートナーかとは思うが(笑)。
公式HPでは、上記のエキストラの名前はなく、
ちゃっかりシザーリオの声が書いてあるんですよね…;
そういう世界なのですよね〜。
でも、一番楽しんだのはエキストラの方々なのではないかと(笑)。
「出演は〜」で何度も名前言ってたし。
なので、麻生さんの漢字はうろ覚え表記。あってっかな?
アニメEDで書いてた回あったんだけど、消しちゃったしなあ〜;

さて。
このブログは、ボーイズラヴァー向けのページ(のつもり)ですので、
これを書かねばなりますまい。
最初の方にも書きましたが、そう、デク×シニです。
なんとエロくかっくいく、切ないことか…!(笑)←笑うトコかぃ
今は亡き鈴置さんのエロかっこよさと、飛田さんの儚げで優しげな演技が、
萌えさせてくれます。
パートナー同士で、恋愛は禁忌らしいのですがね。そこがまたv
もう、そこだけ抜粋して広めたいくらいですよ(笑)。
まぁ元が深夜のパンチラアニメと言われる類の作品だから
(それにしちゃクオリティ高すぎだがw)、出番は多くないので、
抜粋するとすぐ終わっちゃうけどー。
あとは、福山じゅんじゅんですねーv
姉さん大好きのシスコンツンデレっぷりが、見事でした。
童顔痩せマッチョ。サイコーです。
誰か絡んでくる男キャラがいれば、いっそう萌えたのになー。

アニメは、絵が好きで見始めたのですが、ドラマCDでも、楽しめました♪

拍手 ←よければぽちっとお願いしますv
posted by: みゅぎ | ドラマCD | 22:48 | - | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:48 | - | - |
トラックバック
 
http://myugitto.jugem.jp/trackback/44
 
2007/03/08 3:33 AM
Posted by: 里奈のブログ
能登麻美子
能登麻美子能登 麻美子(のと まみこ、1980年2月6日 - )は、女性声優。大沢事務所所属。石川県金沢市出身。概要・備考*「ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom」の殿村望都役で声優デビュー。*代表的な出演作はアニメ『成恵の世界』の主人公・
2007/04/29 12:58 AM
Posted by: 声優☆ぱらだいす
若本規夫について
若本規夫若本規夫(わかもと のりお、1945年10月18日 - )は男性声優。シグマ・セブン所属。山口県下関市出身。早稲田大学法学部卒業。旧名は若本 紀昭(わかもと のりあき)。警視庁機動隊で勤務していたという経歴を持つ。その渋い声から一部では熱狂的な人気があり、