<< 抱きしめても怒りませんか? (ドラマCD) | main | 甘い罪のカケラ (ドラマCD) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

世界は二人のために (ドラマCD)

世界は二人のために
世界は二人のために
ふゆの 仁子

堀江武寛:小西克幸 × 樫尾 凪:三木眞一郎、
キース:成田剣、
阿部崇生:杉田智和 × 門真千裕:鈴村健一


例によって、CDの画像がなかったので、小説の方で代用☆
感想は、ドラマCDのものです。
結城コンツェルンって、舞台になってる地方だけで有名なのだと
思ってたんですが、どうなんでしょう。
パレードて。すげーな。そこまでするのか…。
世界的に有名なトコなんですね。
設定がデカすぎて、ついて行けない感が…(笑)。

何だか鈴村さんのノリが良くて「どーしたの!?」と思ったくらいでした。
そして、出た!
昔の男・キース、成田剣さん!(笑)
わー、サイテーだーコイツー。これで愛があるのか!?(爆)
「虫けら」とか、頭踏んだりとか、
絵に描いたような悪人っぷりすぎて、ちょっとイマイチだったかも…。
でもでもでもっ、
「ふん、ふふっ、ふーん」ってのが、ちょーオモロイ!!!
ホンッとに、ニヤニヤセリフの似合う方だな…。
ああ、これは文字では伝えられないですね;
ぜひ、ココは聴いて欲しいっス。

三木さん、風邪か?と思うような低めの落ち着いた感じでしたね。
ノドにかかったよーな声もえちくてステキだったりするけどv(笑)

杉田さんが、大人しかったですね…。
この巻では、そーいうシーンがないにしても、
もっと攻めっぷりを見せてほしかったような(笑)。
いあ、私、伯爵様以外は杉田さん受の方が好きかも…なんですがv

ちょっとケチつけるような発言になりますが…。
よくある間違いだけど、「とんでもありません」ってセリフ。
脚本は、原作者さんが書いたのでしょうか??
かなり沢山の本を出してる小説家さんのミスとは思えないですね…。
忙しすぎて、校正できないとか??

拍手 ←よければぽちっとお願いしますv
posted by: みゅぎ | ドラマCD | 22:57 | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:57 | - | - |
トラックバック
 
http://myugitto.jugem.jp/trackback/39